【決定版】JupyterNotebookで使える便利なショートカット一覧 セルの追加、戻るなど厳選してまとめました!

こんにちは

今回は、自分用メモとしてPythonのJupyterNotebookで使うであろうショートカットをまとめていきます。

ExcelでもPowerPointでもそうですが、ショートカットを駆使し、マウスを可能な限り使わない方がスマートに見えます。

ショートカット一覧を表示する Keyboard Shortcuts

まずはショートカット一覧をいつでも確認できるようにします。

helpからKeyboard Shortcutsをクリックすると一覧で確認できます。

エディットモードでよく利用するショートカット

一覧だけだと、よく使うものがどれかわからないので、コードを主に書く部分、エディットモードでよく利用するものをまとめます。

Ctl + Enterコードセルを実行。このショートカットはコマンドモードでも可。
Alt + Enterアクティブなコードセルを実行し、1つ下にコードセルを挿入。このショートカットはコマンドモードでも可。
Ctrl + ZUndo(アンドゥ)です。直前の編集内容を取り消します。
Ctrl + Shift + IZRedo(リドゥ)です。Undoで取り消した内容を再度実行します。
Tab入力中コードの補完処理を実行します。行の先頭の場合、インデントを挿入します。
Shift + Tabツールチップを表示。メソッドや関数の情報を確認するために利用できる。変数に使用すると変数の状態を確認できる。
Escエディットモードからコマンドモードへ切り替えます。

コマンドモードで利用する覚えておきたいショートカット

コマンドモードは、コードの実行や、セルの追加、削除、などを行います。

Aアクティブなコードセルの上(Above)に新規コードセルを挿入。
Bアクティブなコードセルの下(Below)に新規コードセルを挿入。
Ctrl + SNotebookをファイルに保存。
Shift + ILLすべてのコードセルに対して行数の表示・非表示を切り替える。
D,D(0のあとにもう一度「Dを入力) 選択中のコードセルを削除します。
Z削除したコードセルを1つ復元します。
Yアクティブなコードセルを Codeタイプにします。コードを記述するタイプです。
MアクティブなコードセルをMarkdownタイプにします。
0,0(0のあとにもう一度 0 を入力)カーネルをリスタートする。リスタートする前に確認ダイログが表示される。
Pコマンドパレットを開きます。コマンドパレットでは Notebookに対するさまざまな操作を実できます。

まとめ

JupyterNotebookのショートカットについてまとめました。

今後は自分用メモとしてPython関連の記事を追加していこうと思います。